Read Article

地方創生と地域公共交通

(一財)地域公共交通総合研究所
代表理事(理事長)小嶋光信

地方創生の喫緊の課題の一つが地域公共交通の維持・発展だ。

2000年、2002年に交通分野で行われた規制緩和によって、地域公共交通である路線バスや鉄道の30数社が倒れ、2~3割の路線が失われた。現在では地方の路線バス会社の約90%が赤字、地方の鉄道会社の75%が赤字であるばかりでなく、その中の多くが一昨年の秋に僅か19日でバス事業を廃止した井笠鉄道のように枯れ木が倒れるが如く倒産してしまう恐れが今後もある。井笠鉄道の場合は、たまたま両備グループで再生に取組んだ中国バスの路線が一部被っていて、助ける力を取り戻していたこと、両備グループの本隊が応援できる地域だったこともあり事なきを得たが、そう都合の良い地域はむしろ稀だろう。

井笠鉄道のように地方の市町村では、少子高齢化と産業の衰退等の影響もあり、もはや限界点に達している。

これらの問題点はすでに1990年代の私の研究によって明白になっていたから、

津エアポートラインでの公設民営の実証

和歌山電鐵での公有民営による再生

中国バスの再生による補助金の副作用と補助金の経営インセンティブ導入への提言
→「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」の成立へと繋がる

交通基本法→交通政策基本法の成立
民主党政権になり「国民目線」と謳うもマニュフェストに交通活性の記載はなく、地域公共交通の破綻を一層鮮明にする高速道路の無料化が推進される。
→岡山県選出の民主党の3人の議員さんに「地域公共交通を全国無料としてもたった7千億円。高速道路の無料化と比べてどちらが国民目線ですか」と訴え、交通基本法の法制化を目指した。
→自民党政権になり、経営破綻発表後、僅か19日で事業廃止した井笠鉄道の一件から緊急性が理解され、2013年11月12日に国会審議入りし、衆議院国土交通委員会で参考人として陳述、同年12月に「交通政策基本法」として法制化実現。

世界の先進国の中で、事業として成り立たない地域公共交通事業を民間任せにしていたのは日本だけだったが、「交通政策基本法」の成立で国、自治体、事業者、国民が協働して地域の公共交通を維持・発展させるスキームができた。

しかし、財源に関しては未だ、補助金政策時にプラスアルファの議論であり、残念ながら守りから攻めの地域公共交通に発展させていく力はない。

憂慮した全国市長会などが財源確保を政府に求めて行く方向にはあるが、私が2010年に提言した「エコ公共交通大国おかやま構想」のように、世界に冠たるエコでバリアフリーな情報システム化された次世代の公共交通を育て、世界の国々にバリアフリーで環境に優しい産業として「交通システム」を輸出することで、世界にも貢献でき、誇りある公共交通大国を創りあげることができると考える。

小嶋理事長メッセージ

2013.09.09 「開発途上国への公共交通事業支援への一考察 -ラオス公共交通視察団来社から-
2013.04.01 「井笠の奇跡」 – 株式会社 井笠バスカンパニー出発式にあたって –
2013.01.15 井笠鉄道廃止路線の暫定運行引き継ぎ内容、および(株)井笠バスカンパニー設立について
2012.12.01 井笠鉄道破綻から明らかになった政策課題 -パート3 – 現状の国庫補助金の制度では井笠鉄道破綻のバス路線は再建できない-
2012.10.18 井笠鉄道の破綻は井笠鉄道だけの問題ではない!-井笠鉄道バス路線再建案-Ver.3
2012.11.02 井笠鉄道破綻から明らかになった政策課題-パート2-雇用確保の問題が発生-
2012.11.01 井笠バスカンパニー出発、進行!
2012.10.18 井笠鉄道破綻から明らかになった政策課題
2012.06.12 インド・プネ市のLRT整備事業のアドバイザーとして参画
2012.05.25 ツアーバス問題はこうすれば解決できる – 起こるべくして起こった高速ツアーバス重大事故Ⅱ –
2012.05.03 起こるべくして起こった高速ツアーバス重大事故
2010.11.24 地域公共交通を延命策から夢のある21世紀の政策へ!

①資料1:
岡山市内交通の大改革

②資料2:
外出が歩行障害と認知症のリスクを大幅に軽減

③資料3:
公共交通機関の利用が体型維持に有効

2010.08.04 たまミュージアム 貴志駅完成!!
2010.07.24 エコ公共交通大国おかやま構想へのお客様の貴重なご意見 パート5
2010.06.17 エコ公共交通大国おかやま構想へのお客様の貴重なご意見 パート4
2010.06.09 エコ公共交通大国おかやま構想へのお客様の貴重なご意見 パート3
2010.06.06 エコ公共交通大国おかやま構想への県外からの反響
2010.05.21 エコ公共交通大国おかやま構想のお客様からの貴重な声
2010.05.15 エコ公共交通大国おかやま構想の反響と対応について
2010.05.06 「エコ公共交通大国おかやま構想実現の提言」 ~世界一のエコ公共交通都市を岡山市において実現~
2010.02.10 たまステーションいよいよ着工!
2010.01.20 「公共交通再生の実現へ向けてー和歌山電鐵と中国バスの再生事例からの検証ー」交通権を認める交通基本法で「エコ公共交通大国」の実現を目指して
公共交通再生の実現へ向けて(PPT)
2009.12.20 貴志川線の未来を”つくる”会5周年おめでとうございます!
2009.11.26 世界初!バス車載用ウイルス除去装置開発
2009.10.20 和歌山電鐵貴志駅リニューアルデザイン発表
2009.09.18 たま電車バージョンアップと応援ソング発表セレモニー挨拶
2009.09.01 松阪航路再生の出発式のご挨拶
2009.07.23 松阪港ー中部国際空港アクセスの再生を松阪市と協定
2009.07.08 和歌山電鐵貴志川線・地域公共交通活性化再生協議会が優良団体として国土交通大臣表彰をうけました!

プレゼン資料

2009.05.28 和歌山県知事表彰挨拶
2009.04.11 西大寺鐵道フォーラムあいさつ
2009.03.13 『西大寺鐵道展』あいさつ
2009.01.24 スーパー駅長たま様のマント授与式あいさつ
2008.12.11 ハロー・トーキョー事業開始あいさつ
2008.05.16 スーパー駅長“たま”がフランス映画デビュー
2008.02.06 規制緩和の功罪が分かる、中鉄バスと岡山電気軌道との共同運行秘話と提言
2007.12.07 福山市にバスシェルター新設
2007.10.19 韓国バス事情「準公営化の取組み」
2007.07.30 おもろい「OMODEN」
2007.04.07 中国バス主催 バスまつり 主催者あいさつ
2007.04.01 和歌山電鐵開業一周年 あいさつ

小嶋理事長論文・執筆

2012.02.15 日本一のローカル線をつくる: たま駅長に学ぶ公共交通再生
2011.07 規制緩和後における地方バスの経営環境の変化と課題-岡山県のバス事業の混乱と中国バスの再生事例からの検証-
運輸と経済 第71巻7号
2010.02 公共交通再生の実現へ向けて-和歌山電鐵と中国バス再生の事例
一般財団法人日本地域開発センター発行『地域開発』 Vol.545
2010.01.20 地域交通の現状・課題と取組み
第4回 交通基本法 検討会
Return Top