一般財団法人 地域公共交通総合研究所  |  The Research Institute for Local Public Transport

「公共交通オープンデータハッカソン」開催

7月の「公共交通オープンデータ最先端都市フォーラム in 岡山」、10月の「公共交通オープンデータ技術実習~はじめよう!GTFSを使ったアプリ開発とデータ分析」に続き、第3弾となる「公共交通オープンデータハッカソン」を開催いたします。

・公共交通、施設、人口等のオープンデータを活用してアプリやコンテンツの開発を行います。
  テーマ例①移動支援   病院、学校、公共施設、観光地など目的地への移動支援アプリ
  テーマ例②移動しやすさ 病院、学校、公共施設、観光地など目的地への移動のしやすさを可視化したコンテンツ
・チーム(1チーム3~5名程度)ごとに1日(5時間)で作品完成を目指します。
・開発作品のアーバンデータチャレンジ2018に応募を目指します。
  http://urbandata-challenge.jp/2018submitstart

【公共交通オープンデータハッカソン】
日   時:2018年12月1日(土) 9:30-16:30 (受付 9:15~)
場   所:岡山国際交流センター3階研修室
定   員:15名 ※先着順、定員に達した場合締め切らせていただきます。
参   加   者:学生、エンジニア、デザイナー、IT事業者など、アプリケーション
      開発が出来る方(開発の方は10月13日のワークショップの内容を前提としています。
      参加されていない方には有償で事前に資料の提供が可能です。)
      交通事業者・自治体関係者等のアイデアも歓迎
参 加 費:無料
持   ち   物:パソコン
タイムテーブル(予定):
 9:15~9:30 開場・受付
 9:30~9:35 開会挨拶
 9:35~9:40 趣旨説明
 9:40~10:00 チーム分け(1チーム3~5名程度)
         チーム例①エリア(倉敷、津山定住圏、安来…)
         テーマ例②テーマ(高齢者、学生、観光…)
 10:00~10:30 アプリ・コンテンツ企画
 10:30~12:00 アプリ・コンテンツ開発
 12:00~13:00 休憩(昼食)
 13:00~16:00 アプリ・コンテンツ開発
 16:00~16:30 発表・講評・まとめ

主       催:公共交通オープンデータ最先端都市フォーラム in 岡山実行委員会
    (一般社団法人 データクレイドル・東京大学 瀬崎研究室、アーバンデータチャレンジ2018実行委員会、
     一般財団法人地域公共交通総合研究所・code for KURASHIKI)
後   援:岡山県、倉敷市、津山市

◆参加申込方法
こちらの専用Webフォームよりお申し込みください。
申込締切:11月29日(木)

公共交通オープンデータ技術実習!

お申し込みの方はこちら»

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2018募集開始!

少子高齢化が進む中で、日常の通院や買い物等に困難を抱える人々が全国で増え続けています。このくらしの足の問題を解決するために、当事者、行政職員、研究者、バス・タクシー事業者、福祉・介護・医療の従事者、NPOなど、多くの関係者が集まり、地域を越え、立場を越え、利用者・生活者の目線をベースとして本音で語り合い、お互いを知り合い、それぞれが抱える問題解決のヒントを得る「気づき」の場として、本フォーラムが開催されます。
(一財)地域公共交通総合研究所は本フォーラムを応援しています。

お申し込みの方はこちら»

公共交通オープンデータ最先端都市フォーラム in OKAYAMA 〜オープンデータを活用して岡山の公共交通の魅力を高めよう〜

日 時:2018年7月14日(土)13:30~16:30(開場 13:00)
場 所:岡山県立図書館多目的ホール
参加費:無料

参加申込はこちら»

土井教授 日本経済新聞「やさしい経済学」へのコラム掲載

著作権許諾済み、無断転載禁止

前書きはこちら»

2回目以降のコラムはこちら»

再生塾・アドバンスドコース(第11期)のご案内

日 時:連続講座(計6回)平成30年8月4日(土)~12月15日(土)
場 所:下記チラシをご参照下さい
参加費:20,000円

参加申込チラシはこちら»

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017

日 時:2017年10月28日(土)・29日(日)
場 所:東洋大学白山キャンパス(東京都文京区白山5-28-20)
参加費:3,000円(1日・両日参加共)※当日会場でお支払いください

参加申込はこちら»

トークバトル 鉄路の存在意義、そして存続方策

日 時:2017年9月17日(日)
場 所:名古屋大学東山キャンパス ES総合館1階 ESホール
参加費:無料

参加申込はこちら»

(一般財団法人)地域公共交通総合研究所

第5回 地域公共交通総合研究所 シンポジウム開催!

地域のモビリティをどう確保するか?
〜地方創生に向けた公共交通を含む諸方策の新たな総合的展開〜

日 時:2017年8月9日(水)開場12:30 開演13:00〜 懇親会18:20〜
場 所:東京都港区六本木7-22-1 政策研究大学院大学 想海楼ホール
定 員:約300名

当日資料はこちら»

岡山行政法実務研究会7月度研究会の参加者を募集します
(岡山大学と(一財)地域公共交通総合研究所の共同研究)

日 時:平成29年7月8日(土) 開場13:00 開演13:30~16:30
場 所:岡山市北区津島 岡山大学津島キャンパス 定員100名程度
参加料:無料

主 催:岡山行政法実務研究会
後 援:(一財)地域公共交通総合研究所 

テーマ:「データで視る公共交通の今とこれから」
〜 オープンデータやビッグデータを活用した社会的意志決定を目指して 〜

講演者:東京大学生産技術研究所 助教 伊藤 昌毅
    地域公共交通総合研究所 研究員

   (株)トラフィックブレイン 代表取締役 太田 恒平
     元(株)ナビタイムジャパン シニアコンサルタント
     地域公共交通総合研究所 研究員

    

趣旨:
ビッグデータやAIが公共交通、観光のみならず物流等ほぼ全ての業態に大きな影響を与えることが予想されている。一方で使えるデータをいかに整備し分析するか、具体的な政策立案や経営にどう活かしていくかについては、今後の課題として具体的な活用事例やそのための技術や工夫が必要とされている。
この研究会では、日本を代表する新進気鋭の二人の専門家が、交通に関わるITとオープンデータ、インフラとユーザー、情報提供とビッグデータ分析など多面的に話題を提供し、行政や事業の現場、それらの背後にある法的課題等への気づきを得ていただくことを期待する。

プログラム概要:
1. テーマ説明【伊藤】
2. 情報提供サービスとオープンデータから視た交通【伊藤】
3. ビッグデータで視た交通の実態【太田】
4. データを活用した社会的意思決定の在り方を考える
 【太田、伊藤及び会場を交えたディスカッション】

申込先:岡山大学法科大学院 弁護士研修センター
 E-Mailでお申し込み下さい。
 E-Mail:oatc-office@law.okayama-u.ac.jp

<岡山行政法実務研究会 7月度研究会 申込事項>
・氏名
・所属
・電話
・E-Mail

(注)当日は、学内の駐車場には限りがありますので、できるだけ公共交通機関ご利用してご来場ください。